駐車場システム

ゲート式駐車場システム

出入口にゲートを設置し、車の入出庫を管理するシステムです。駐車券発行機や料金精算機などと連動することで、入庫から出庫までを安全に、効率よく自動化することができ、従来、駐車場経営の課題となっていた人件費の削減や事務処理の合理化を実現できます。駐車スペースの広い、大規模駐車場に最適です。

入出庫の流れ

1 駐車場の入口に設置された駐車券発行機から駐車券が発券されると、自動的にゲートが開き入庫を誘導します。あらかじめ台数制限を設定し、決められた台数になると駐車券の発券を停止したり、満空車表示灯の表示を切り替えたりすることもできます。
2 利用者は、自分で空いたスペースを探し、自由に駐車します。
3 出口に設置された精算機に駐車券を入れ、駐車料金を精算します。定期券・回数券の利用や駐車場利用サービスなどにも対応できます。
4 一定時間ゲートが開き、一台出庫した後、ゲートが閉じます。

ロック板式駐車場システム

ロック板を利用し、1台ごとに車の出入庫を管理するシステムです。車2台分からシステムが構築でき、設置工事も簡単。車本体がロックされるため、周囲を囲んだり、出入口を設置したりする必要がなく、スペースを最大限に活用できます。このシステムにより、従来は諦めていた小さなスペースも、駐車場として活用することが可能になります。

入出庫の流れ

1 車を駐車すると、自動的にロック板が作動し、車がロックされます。
2 精算機に駐車スペースの番号を入力し、料金を精算します。定期券や回数券の利用や駐車場利用サービスなどにも対応できます。
3 ロック板が作動し、ロックが解除されます。
4 出庫します。一定時間内に出庫が確認されない場合は、再びロック板が作動し、車がロックされます。

遠隔管理システム SEAPS

高度な集中管理システムを安価でご提供します

本システムは、複数の駐車場などの駐車施設に設置してある精算機を一括して集中管理する事を目的に開発されました。精算機の盗難時などの緊急連絡、各種設定の変更およびロック板やゲートバーなどの遠隔操作を行うことが可能です。使用するお客様に優しいシステム、売上分析を意識できるシステムをコンセプトにグラフィカルなインターフェース画面と操作の簡略化を行い、集計データを有益に役立てられるように、分析帳票の出力機能を強化し、経営分析を即座に現場に反映させられる機能を盛り込みました。

サポート
お問い合わせ
ユーザーサービス
SANICA

〒400-0336 山梨県南アルプス市十日市場789